東京のオフィス賃料が気になるならバーチャルオフィスを有効活用

サイトマップ

小さなMTGスペース

東京のバーチャルオフィスを利用するメリットはなにがある?

革張りの椅子

東京のバーチャルオフィスを利用するメリットは、事務所を維持するのにかかる費用を大幅に節約することができる点です。一等地に事務所を持つと月々のコストは莫大になりますが、バーチャルオフィスなら便利なオプションもついてきて料金は格安です。1か月あたり1万円を切るプランもありますし、電話や郵便物の転送や秘書代行サービスもありますので会社を運営する料金を節約したい方は利用してみてはいかがでしょうか。
都会の一等地に住所を持つこともできますので、信用度も上がりますし駅から近い場所にあるバーチャルオフィスは東京にたくさんあります。東京で会社をスタートさせたいなら、利益が出るまではこうしたサービスを利用して利益が出てから事務所を借りるというのも一つの方法です。東京のバーチャルオフィスは、会社のイメージに合わせて都会の一等地で駅からほど近いところに事務所を持つことができます。
シャワーブースがついていてホテルのような使い心地のバーチャルオフィスもありますし、ラウンジやコワーキングスペースが利用できるところも多いです。ネット環境も完備されていますので、借りたその日から仕事をスタートさせられるので自分で事務所を借りる場合に比べて環境整備などに手間もかからないのが特徴です。

バーチャルオフィスで東京に営業活動の拠点を開設可能

東京以外に本社を構えている会社において、東京に営業拠点を構えることは少なくはありません。しかし、賃貸オフィスで事業拠点を開設するともなると初期費用や設備投資、毎月の維持コストが発生してしまいます。そこでバーチャルオフィスを利用して東京に営業拠点を開設してみてはいかがでしょうか。
バーチャルオフィスならオフィス開設に必要な諸経費、設備投資、毎月の維持費用が大幅に削減できます。家賃だけでも十数万円のところが1万円の費用負担で済むことになります。業務を行うスペースが確保できないと思いがちですが、テレワークなどの導入により営業業務を行う社員は、事務作業を自宅で行うことで問題を解決することができます。さらにバーチャルオフィスなら東京の一等地の住所を利用できる上、転送用の電話番号開設、郵便物転送などもプランに付帯しているため、少人数のスタッフを東京に派遣するという場合、社員の社宅家賃の負担に抑えることもできます。
電話転送も営業担当者が屋外で営業活動を行っている場合でも指定のスマートフォンに転送が可能です。そのため、電話対応が遅れるというような心配がありません。また、FAXなどによる注文書などはバーチャルオフィスのスタッフがPDFにしてメール転送してくれます。そのため、本社の統括部門で内容を確認するなど業務効率化を図ることもできます。

東京でも諸経費を抑えた会社運営がバーチャルオフィスで実現

ブランド力のある住所を会社所在地にしたい、現在入居しているオフィスは古く人通りからも離れており場所が分かりにくいという際、オフィス移転を考えていませんか?しかし、実際の事業には現在の住所でも問題がないというのであればバーチャルオフィスを利用するのがおすすめです。バーチャルオフィスなら東京で人気のある地域、駅からアクセスが良い物件などブランド力の高いオフィスを会社所在地にできます。
東京でオフィスを賃貸契約しようとすると敷金や礼金、契約手数料、内装工事費用などが大きな負担となり安易に移転できません。しかし、バーチャルオフィスは住所を利用できるため、ホームページや名刺に記載する住所を変更することができます。バーチャルオフィスなら既存のオフィスを維持したまま月額数千円の費用負担で登記変更に必要な住所が確保できます。また、東京のバーチャルオフィスはレンタルオフィスやシェアオフィス、貸会議室などもフロアとして実在しており、会議室や作業スペースのレンタルも可能です。
古くて場所が分かりにくい既存のオフィスで取引先との打ち合わせを行うのではなく、バーチャルオフィスで利用できる貸会議室を利用すれば取引先の担当者も案内しやすくなります。また、大きな会議室が完備されているケースもあり、これまでできなかった大きな打ち合わせなどにも対応可能です。

このように、様々なメリットが期待できるバーチャルオフィスは東京の【レゾナンス】がおすすめです。低価格で借りることができるのでコストパフォーマンスが非常に高いのが特長です。

ピックアップ

一覧へ

お知らせ

»一覧へ

Copyright © 2020 東京のオフィス賃料が気になるならバーチャルオフィスを有効活用 All Rights Reserved.